公益社団法人日本歯科技工士会

HOME

会員ページ

English

2018歯科技工士実態調査

2018歯科技工士実態調査報告書 歯科技工の社会実態を数量的に明らかにしている具体的な統計が著しく不足しているなか、日本歯科技工士会は歯科技工界唯一の定期調査である「歯科技工士実態調査」を3年ごとに継続して実施しています。
 この調査は、歯科技工士および歯科技工業の実態を把握し、広く社会に開示するためのものです。


調査の概要

調査目的 歯科技工士ならびに歯科技工業の実態把握
調査地域 全国47都道府県
調査対象 歯科技工士(日本歯科技工士会会員)
抽出方法 厚生労働省データの就業歯科技工士数に基づき、あらかじめ年代毎に分布率を区分し、対象群からコンピュータ乱数を用いて無作為に抽出(層化抽出比例配分法)
調査方法 郵送による調査票の配付および回収
調査期間 2018年8月1日~10月4日
標本数 3,000(自営者1,500、勤務者1,500)
回収数(率) 904(回収率30.1%)
有効回収数 勤務者518(うち無効5)、自営者386(うち無効1)、合計904
調査実施主体 公益社団法人日本歯科技工士会

調査結果の公開

『2018歯科技工士実態調査報告書』 〔PDF/5,623KB〕

・会員広報版を『日本歯技』(2019年5~7月号)に掲載。

就業歯科技工士数等の状況について(参考)

就業歯科技工士数等の状況については、厚生労働省による調査報告「衛生行政報告例」を参照してください。
(以下は「平成28年衛生行政報告例」より抜粋)

 ・統計表「就業歯科技工士・歯科技工所数(平成28年末現在)」 〔PDF/172KB〕

HOMEへ戻る

ははは川柳結果発表 入会のご案内 初めてログインする会員の方はこちら 生涯学習カレンダー